骨移植でインプラント

進化するインプラント

dental care

以前は歯を失ってしまった場合の治療といえば、入れ歯やブリッジが中心でした。この場合は比較的治療は簡単に行えることも多かったですが、入れ歯の場合は動いてしまう、ブリッジの場合は悪くない歯を削る必要があるなどそれぞれ欠点もあり、本物の歯と同じというわけにはいきませんでした。その後は新しい治療方法としてインプラントが登場し、まわりの歯に負担をかけずに治療が行え、本物の歯のような見た目、使い心地を得られるようになっています。インプラントの場合は顎の骨に人工歯根を埋め込む必要がありますので、顎の骨が足りない、骨が痩せているという場合は治療を行うことはできませんでした。その後さらに技術は進化し、骨が足りない場合も骨移植で対応できるようになっています。

骨移植の方法

インプラントの骨移植治療を行えば、今まで埋め込みがむずかしかった高齢者の方なども治療が可能となります。骨移植の方法は自らの骨の一部を利用して移植する方法、そして人工骨を移植する方法があります。骨が足りないとせっかく埋め込んだインプラントが抜け落ちてしまうなどの問題も発生しますあ、骨移植で骨量を補うことで、より長期に安定してインプラントが利用できるようになります。入れ歯がどうしても合わないという場合などは骨移植による治療も検討してみてはいかがでしょうか。骨を増やす治療を行う場合は費用や期間も気になるところですが、口腔内や体の健康状態によって、治療の費用や期間はかなり変わってきますので、まずは歯科医師とじっくり相談して、最適な治療方法を選んでいきましょう。