克服と利用

骨量不足による難症例を克服

dental care

インプラント治療は歯科医療技術の1つで、近年治療を希望する人が増加してきています。 インプラントとは金属でできた人工歯根のことで、これを顎に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるというのがインプラント治療です。虫歯などで歯が失われてしまった場合の治療法としては他に入れ歯やブリッジなどがありますが、インプラントはこれらに比べて使用感が自然で、また審美的にも優れているという特徴があります。 ただ、これまでは課題もありました。それは、顎の状態によっては治療に適さない人もいるというものでした。インプラントは顎の骨に直接埋め込むため、それを支えられるだけの骨の深さや厚みがない人には施術ができなかったのです。しかし現在ではこれを克服する技術も開発され、実用化されています。今後はこの技術の普及により難症例も減少していくものと予測されています。

原則として自分の骨を利用

骨量の足りない人に対するインプラント治療を実現する技術の1つが、骨移植術というものです。 骨移植術とは、骨を継ぎ足す技術のことです。これによって十分な骨量を確保し、インプラントの埋め込みを可能にします。 天然の歯の土台となる骨の部分を歯槽骨といいますが、この歯槽骨は歯周病に蝕まれたり長い間入れ歯を装着して圧力を受けたりすると後退してしまうことがあります。そこで、骨移植によって骨を元の位置まで戻してやるのです。 骨移植に使用する骨は、顎骨の別の部分から採取するのが一般的ですが、人工骨を利用することもあります。移植された骨は骨折が治癒するのと同じ原理によって結合します。 この結合を待つ間の分だけ治療期間が長くなるという点には注意が必要ですが、ともあれこの技術により従来は治療不可能だった人に対してもインプラントが装着できるようになったのです。